DIAとはなにか

カラコンを購入したときについてくる箱や容器の外側には「DIA」が記載されていますが、これはレンズの大きさを表す数字です。着色部分の直径ではなく、透明な白目の部分のレンズまで合わせたレンズ自体の大きさであることに注意が必要です。ちなみに着色部分のみを表すサイズは「着色直径」と呼びます。

カラコンを選ぶときは、このDIAと着色直径を間違えないよう十分注意しましょう。黒目を大きくしたい場合、レンズのサイズであるDIAを確認するよりも着色直径をよく調べて購入する必要があります。DIAでカラコンを選ぶときには大きさによるメリットとデメリットを知っておきましょう。例えばレンズの直径が大きいと、装着時に固定されて動きづらいので、つけ心地は安心感があります。カラーがついた着色部分も黒目からずれにくいです。

しかし、完全に覆うということは目にかかる負担はサイズの小さなものに比べて大きくなります。従って、長時間カラコンを利用したい場合には向きません。レンズ直径の小さいものでは黒目の上で動いてしまい、不安定な場合があります。しかし、サイズが小さい分目を覆う面積が小さくなるため、目への負担は軽くなります。よって小さいレンズの場合では比較的長時間の装用でも可能なレンズであると言えます。フォーチュンコンタクト