寝る前は外すこと

コンタクトレンズをつけたまま寝れば角膜に傷がついてしまったり、アレルギー症状が出たりと目のトラブルの原因になります。しかし、特に危険なのが目が酸素不足に陥ってしまうことです。特にカラコンは酸素透過性が悪いので装着したまま寝てしまうと角膜はほとんど呼吸できない状態になってしまいます。

呼吸ができなくなり酸素不足になれば、角膜の中の角膜比内細胞が減少していってしまいます。普通の細胞であれば細胞分裂により細胞は増えていくのですが、この角膜比内細胞は細胞分裂をせず消滅していく一方です。これが続いてしまえば視界のクリアさが徐々に失われていき視界がぼやけるようになってしまいます。よって将来、白内障などの病気にかかったときに手術ができなくなります。

何もせずとも角膜比内細胞は年齢とともに減少していくものですが、カラコンの使い方を間違えれば、その速度を加速させてしまいます。目の健康を守りたいのであれば、カラコンに限らず、コンタクトレンズをつけたまま寝るのは絶対にやめてください。一晩寝るのはもちろんのことですが、ちょっとうたた寝をするのもあまり良くはありません。いくら面倒くさくても寝る前にはコンタクトを外すことを覚えておいてください。