化粧時には注意

カラコンは人体でも特にデリケートな部分である目に直接つけて使います。そのため適切な使用方法で扱わなければさまざまなトラブルを引き起こす可能性があります。使い方が正しかったとしても、疲れや寝不足、乾燥など、周囲の環境や体の調子によっては目に大きな負担がかかっていることもるので注意が必要です。小さなトラブルであれば、数日のあいだは目を休ませるという意味でもカラコンをしない、あるいは目薬をさすといったことで改善はされます。

度が入っているカラコンであれば、その度数が自分の目に適しているのか確認する意味も兼ねて三カ月に一度は眼科に行き定期検診を受けるようにしましょう。危険を回避するために保存液を毎日交換するなどの保存管理も徹底しておきましょう。また、カラコンをつけるときにも注意が必要です。カラコンはメイクをする前につける、装着する手は必ず洗浄しておく、カラコンの裏表は間違えない、長時間カラコンをつけ続けない、以上のことに注意してください。

特に注意するべきなのがメイク前にカラコンをつけることです。ファンデーションなどの化粧品は油分を含んでいるため、メイク後にコンタクトをつけてしまうとレンズにメイクが付着してしまうことがあります。そんなものを目に着けてしまえば当然、ドライアイや炎症の原因となったり、症状を悪化させてしまいます。