サークルレンズとの違い

カラコンは、カラーコンタクトレンズの名前の通り、コンタクトレンズに色がついたもののことです。茶色や灰色のような日本人の自然の瞳の色に近いものから、赤や青など外国人風の派手な色まで豊富なバリエーションがあります。一方、サークルレンズは少し用途が異なり、瞳に色をつけることよりも、瞳自体を目立たせることが目的です。

サークルレンズは、瞳の着色部分が輪のようになっていて、瞳の縁あたりに色がつくようになっています。サークルレンズはカラコンと比べると瞳が大きくなり黒目がちの印象を与えることができます。このように、厳密に言えばそれぞれの役割は異なっています。しかし、分類したところで利用者は困惑してしまうので販売側ではまとめてカラコンと呼ぶことがあります。

その違いははっきり言うと見た目だけです。性能や製造方法に何か差があるわけでもありません。カラコンと呼ばれるものの中には正確にはサークルレンズと同じ役割を果たしている商品もあるため、厳密にどれがどれなのか決めるのは難しくなってきます。そのため基本的には瞳の色を変えるものなのか、瞳を自然に目立たせたいのかの違いであって、ほぼ同じものだと思って間違いないでしょう。フォーチュンコンタクト