カラコンに関する注意点を理解しよう

カラコンにおける注意点と知識

コンタクトレンズといえば、透明のレンズを角膜に乗せ、それにより視力の矯正を行うというものです。対してカラコンは、コンタクトレンズ同様に視力を矯正する事も可能ですが、オシャレとして使われる事が多いです。カラコンには、一部に着色が施されており、それにより瞳の色を変え、目元の印象を変える事が出来ます。しかし、使用においていくつか注意しておきたい事がありますので、事前に把握しておきましょう。

カラコンに似ている商品として、サークルレンズというのがあります。カラコンは瞳の部分に色がついており、それでハーフ顔にしたり、目の大きさを強調したりするなど、様々なアレンジ方法があるのです。対してサークルレンズですが、これは瞳の色を変えるのではなく、瞳を強調する事を目的としているものです。その名称通りに着色部分が輪っか状になっており、瞳の縁を強調することで、黒目を大きく見せることが可能です。カラコンが欲しいのか、サークルレンズが欲しいのかということは事前に検討しておきましょう。

カラコンを購入する際に注目しておきたいのがDIAです。これはレンズのサイズのことを示しており、直径の大きさを数値で表しています。これに対して、着色部分のみの大きさのことを着色直径といいます。適切なDIAのカラコンを選ぶことには、使用感に大きく影響するといえます。極端にDIAが小さい、あるいは大きい商品を選ぶと、黒目からズレやすくなってしまったり、目に余計な負担を与えてしまったりすることとなりますので、注意しましょう、着色直径部分は、目の印象に大きく関わることなので、カラコンの黄金比を参考に、選ぶようにしましょう。

また、コンタクトレンズを使用するのと同様に、カラコンを使う際には、注意しておきたいことがあります。まず、寝る時にカラコンを外さないでいると、目に十分な酸素が行き届かなくなってしまうので、角膜の細胞が徐々に減少してしまう恐れがあります。肌などの他の部位と異なり、角膜の細胞は一度減少してしまうと、細胞分裂によって増えることがありません。そのため、徐々に視界のクリア感が損なわれてしまうなど、様々な症状に悩まされる心配があります。当サイトでは、これらのようなカラコンにおける注意点について紹介しています。目に直接触れさせて使用するものであるため、やはり安全性に関しては特に、注意して使わなければなりません。使用前に正しい知識をつけ、安全に使うようにしましょう。フォーチュンコンタクト

最新投稿